広報事業部 広報活用メルマガ バックナンバー

【プレスリリース担当者必見!】効果的なタイトルの付け方のヒントをご紹介します!/広報活用メルマガ_vol.001

こんにちは!環境と広報の会社「株式会社ジョブオール」 広報担当の松野です。

このメールは以前お名刺を頂戴した方や配信を希望された方にお送りしております。

広報活用メルマガでは、皆様のビジネスの発展に役立つ情報を定期的に連絡しております。
ぜひ今後の広報活動にご活用ください。

今回、松野が注目した記事はこちらです!
==================================

【平和堂・キリン・ブリヂストン】彦根・滋賀を元気で住み続けたい街にするために「継続的に取り組むアイデア」を高校生から募集します!

==================================

こちらの記事では2016年度からスタートした学生の夢を応援する企画が紹介されており、彦根の次世代を担う高校生から、地域資源の活用や地域の課題解決に繋がるアイデアを募集し、優秀なアイデアの実現を 3 社がサポートする取り組みが紹介されています。

この活動を長期にわたって行っている企業の姿勢が伝わってくるPRの記事になっています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


この記事のように自社の活動内容やキャンペーンなどを広報活動を通じて広げていくことが今後のビジネスにおいて大切になってきています。

広報活動は外部とのコミュニケーションを通じてイメージを形成し、情報を発信する重要な手段です。

さらに今回ピックアップした理由はもう一つあります。
それは…

タイトルに「彦根・滋賀」と地名が入っていることです!

プレスリリースのタイトルに地名が書かれていることが最近のトレンドとなっています。
詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。


広報活動を続けていくことで御社のブランド力や信頼性の向上が期待でき、多くのメリットを得られます。
ぜひ継続的に広報活動に取り組んで自社のファンを作っていきましょう!

記事の全文は以下のページよりご覧ください。

PRTIMES(令和6年5月10日より)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000334.000096754.html

===================================

「大企業で実施される広報活動を自社の規模で実施したいけど、リソースがない...」

「自社の魅力をそのままのサイズ感で伝えたいけど、方法がわからない...」

というお悩みをお持ちの方は、株式会社ジョブオールのサービス「広報PLUS」を利用するのも一つの手段です。

-広報事業部, 広報活用メルマガ バックナンバー